2017/08/10 18:52

なぜおしゃれな病衣がないのでしょうか。


 入院すると病院の病衣は似たり寄ったりで、何だかその病衣を着るだけで元気な人でも病気になりそうな気がします。

病衣を着ただけで病人になるような…。

きっかけは義母の入院でした。

おしゃれな病衣を作ろうと思ったのは…

義母は大変おしゃれな人で、普通の病衣は顔映りが悪いからと言って寝たきりになっても首元に華やかなスカーフをあしらっていました。

周りの患者さんも暗い感じの病衣しか着ていませんでした。



この患者さん達が華やかな服を着ていたら、患者さん自身が何より明るい気持ちでいられないかと思うようになりました。


インターネットでおしゃれな病衣を検索しても、これだと思う商品には出会いませんでした。

前開きのパジャマやネグリジェはあっても、ボタンの着脱に時間がかかったりするものです。またボタンがあるとレントゲン撮影では脱がないといけなかったりします。

なので、こんな病衣があったらいいなというのを形にしてみました。


バラの花柄をモチーフにした病衣です。着脱も簡単なフリーサイズで、首元もはだけにくくなってます。

もちろん普通にルームウェアとしてお使いいただける商品ですし、リゾートにもご利用いただけます。



撮影会をしました。

 友達に商品を着てもらって撮影会をしました。場所はお遍路ハウス33。

  https://ohenrohouse.com

モデルになってくれた友達が運営するお宿です。四国八十八か所の三十三番札所雪蹊寺のすぐ近くで女性専用のお宿。
なんと、素泊まり1泊3300円でお遍路さんなら2800円なのです。


リビングでくつろいでます。



向かって左側モデル、商品「ブラック」着用    右側「パープル」




向かって左側モデル、商品「ピンク」着用    右側「サックス」






ピンク



  




   パープル




  ブラック


  


  サックス